読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

Hua Hin から ダニ

ノミ・シラミ・ダニ・蚊 等に食われるのは

当たり前だった子供の頃。

 

都会・田舎問わず近代化が進み、

子供の頃に山や川原で遊ぶ事が極めて

少なくなった今日

そして暑ければ直ぐにクーラーを寒ければ

これまた暖房と、年々弱体化する日本人。

 

タイは、1年中暑く湿度も日本とは

比べ物にならないぐらい多く、ダニ・ノミ・

シラミなど絶好の住み家。蚊は1年中。

 

街で女性のスカートや短パンから露出した

足をふと見ると、色が黒いのに

何かに噛まれた跡が点々と付いている子が

多く。綺麗な足が無残に。

 

私も此間、寝ている時に何かに噛まれたのか

背中が痛痒く、見ると赤く腫れ

数日後に膿が溜まって触ると痛く

2週間ほど経って指で膿を出したら痛みも無くなり。

今は、1Cmほどの黒くなった後が残り。

 

運動不足体力不足、免疫不足で育った子供や成人が

熱中症で倒れたり、ダニに食われ死亡に至る。 

私の住んでいた九州は夏は他と比べ気温が高く

蒸し暑く、しかし熱中症で倒れたという話しなど

聞いたことがない。

 

マダニに噛まれ、60代女性死亡

死亡した女性から検出されたウイルスは中国で

確認されたウイルスとは遺伝子が一部異なり、

もともと日本に存在していたと考えられる

としている。

f:id:dokyumnt:20130810153051j:plain

 

マダニに噛まれ、60代女性死亡。

国内でなんと8人目。

 厚生労働省は30日、ダニが媒介する新しいウイルス感染症で山口県の成人女性が昨年秋に死亡したと発表した。この感染症は2009年ごろから中国で感染や死亡例が報告され、11年に初めて原因ウイルスが特定されていた。女性に最近の海外渡航歴はなく国内で感染したとみられる。日本での感染確認は初めて。

 

 この感染症は「重症熱性血小板減少症候群」。今回のウイルスを調査した国立感染症研究所の西條政幸ウイルス第1部長は「女性から検出されたウイルスは中国で確認されたウイルスとは遺伝子が一部異なり、もともと日本に存在していたと考えられる」としている。

 

冬の加湿器に注意

冬は乾燥しているのでダニが生きにくい環境。でも、お肌のため、健康のために加湿器をつけて湿度を上げ過ぎてしまうと、ダニにとって好環境に。ダニは湿度75%で活発になり50%以下で死滅するので、湿度管理をしましょう。 

 

 室温25℃以下に

冬は寒くて暖房をつけますが、室温25℃はダニが活発になる温度なので要注意。もう少し低めに設定し、しっかり着込むようにすれば、ダニも防げて節電になります。 

 

 マダニ感染で死亡、国内16人目 201389()

兵庫県は9日、マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に同県豊岡市の80代の女性が感染し、5月下旬に死亡したと発表した。厚生労働省によると、感染の確認は国内で36例目、死亡は16人目。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村