読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

Hua Hin から 電気を

一週間に数日、暗くなっても電気を点けない、点け忘れ?

いやいや 怠慢でしょう。     

 

アパートには、二人の掃除婦が住み込みで居るが

一人が休んでも、もう一人が居る訳で

 

頭の悪いタイ人ですから、一度電気がついていない

と言っても、改善されず。

日本では、暗くなると自動で点きますが、

バンコクもそうで人間がスイッチを入れるんです。

f:id:dokyumnt:20140622160353j:plain

f:id:dokyumnt:20140622160304j:plain

ニセ警官逮捕 バンコクのBTSモーチット駅で

2014年6月6日(金) 00時56分

【タイ】タイ警察は4日、バンコク都内の高架電車BTSモーチット駅前で、バイクタクシー運転手の男2人を逮捕し、拳銃1丁、ナイフ1本などを押収した。このうちの1人(34)は警官の制服を着用していた。

 5月26日にモーチット駅からバンコク・バスターミナル(ジャトゥジャク)まで容疑者のバイクタクシーを利用したタイ人男性(34)とそのおば(61)が、比較的近距離にもかかわらず、運賃として1人680バーツを請求され、交渉の末、計400バーツを支払った。2人はその後、警察に被害届を出し、容疑者の人相を伝えていた。

 警官の制服を着用した容疑者は高額の運賃を払わせたことを認め、「道が混んでいたし、妻子を養わなければならない」などと供述。警官の制服を着用していたことについては、他意はなく、警官を装った恐喝などはしていないと主張した。

 バンコク・バスターミナル(ジャトゥジャク)では地方からの旅行者がタクシーやバイクタクシーに運賃をぼられる被害が頻発している。

《newsclip》

 

 

ミス・ユニバース・タイ代表がタイトル返上 「太め」批判と問題発言で

2014年6月10日(火) 02時47分

【タイ】2014年のミス・ユニバース・タイ代表で、容姿や過去の発言をめぐり批判を受けていたウェルリー・ディサヤブット(通称、ファーイ)さん(22)が9日、バンコク都内のホテルで記者会見を開き、タイトルを返上した。

 ウェルリーさんは「(美しくなるため)出来る限りのことをしようと努力したが、母が、自分の娘を批判されて、眠れなくなるのをみて、両親の幸せがより重要だと考えた」と涙ながらに話した。

 ウェルリーさんは西部カンジャナブリ県出身で、身長170センチ、体重54・5キロ。タイ国立カセサート大学人文学部で学ぶかたわら、女優、テレビ番組の司会者としても活動中だ。

 

 5月17日にバンコクで行われたミス・ユニバース・タイ代表の最終選考会で、見事栄冠を射止めたが、会場では準ミスになったピムボンコット(通称、エリー)さんの人気が高く、ウェルリーさんの名前が読み上げられると、観客の一部がブーイングしたり、「エリー」と連呼するなどした。インターネット上では、ウェルリーさんが「太っている」という批判が相次いだ。

 ウェルリーさんはまた、インターネットの交流サイト、フェイスブックに、タクシン元首相派市民(通称、赤シャツ)ついて、「不潔」、「タイから追い出すべき」などと書き込んでいたことが発覚し、批判を浴びた。  

ウェルリーさんはタイトル返上にともない、優勝賞金の現金100万バーツや副賞の乗用車「トヨタ・プリウス」、宝飾品などを返還する。

ミス・ユニバース世界大会には準ミスのピムボンコットさんが出場する見通しだが、ピムボンコットさんは男性と接吻する写真がインターネット上に出回り、こちらもトラブルとなりそうな雲行きだ。

《newsclip》

 

Miss Universe Thailand 2014 | 17 พ.ค. 57 [Full]

http://www.youtube.com/watch?v=ptgFihlsahY

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村