読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

Hua Hin から 1年ビザ

1年ビザ申請にイミグレーションへ

毎年問題なくすんなりいっていたので

直ぐ済むと思っていたら

女係官が通帳に今日(10月)の日付が無いから

今から銀行に行って書いてきてという

なに  銀行へ

時間が無いからというと、 しぶしぶ手続きを初めるも、

 

( 通帳は定期で、3月と9月しか記入がなく

今まではこれで良かった。

しかし、銀行が今年システムを変更したしたため

今までの通帳が使えない為、新しい通帳に作り変え

この通帳と、同時に預金証明を作成して持って行ったところ )

 

こんどは通帳の住所(バンコク)と証明書の住所が違うと言い出し

ビザ用紙を返されました。

携帯を持っていなかったので、アパートへ帰り、早速

日本大使館へ電話、内容を説明

するとそれはおかしいと、来週もう一度行って、その場で大使館へ電話

して下さい とおっしゃていました。

 

問題は定期預金通帳が作り直されたこと、しかも過去のデーターは載らず

今年7月9月のデーターのみ。 通帳作成、日本では考えられません。

f:id:dokyumnt:20151101135539j:plain

フアヒンの海岸に大量の油漂着 タイ中部の海浜保養地
2015年10月29日(木) 15時07分(タイ時間)
【タイ】タイ湾に面したタイ中部プラジュアブキリカン県の海浜保養地フアヒン市で、27日から29日にかけ、海岸約10キロに大量の黒い油が漂着した。地元当局は遊泳しないよう呼びかける一方、除去作業を進めている。

  漂着した油は沖を航行する船から流出したとみられている。意図的に廃棄された可能性もあり、警察が捜査している。

 

人口10万人当りの交通事故死、タイは世界2位36人 WHO報告
2015年10月29日(木) 15時30分(タイ時間)
【タイ】世界保健機関(WHO)がまとめた2015年版の交通事故に関する報告で、タイは2013年の人口10万人当たりの交通事故死者数が36・2人(WHO推計値)と世界で2番目に多かった。

  WHOはタイの道路交通状況について、道路の保全管理、車両の整備基準、道路交通法規の執行などが不十分と指摘した。
  人口10万人当たりの交通事故死者数が最も多かったのはリビアで73・4人に上った。3位はマラウイで35人、4位はレソトで33・7人だった。


  アジア諸国はベトナム24・5人、マレーシア24人、ミャンマー20・3人、中国18・8人、カンボジア17・4人、スリランカ17・4人、ネパール17人、インド16・6人、インドネシア15・3人、ラオス14・3人、バングラデシュ13・6人、韓国12人、フィリピン10・5人、日本4・7人、シンガポール3・6人。

  主要国は英国2・9人、ドイツ4・3人、フランス5・1人、米国10・6人、ロシア18・9人、ブラジル23・4人、イラン32・1人など。
  WHOの推計によると、2013年に交通事故で死亡した人は世界全体で約125万人に上る。


にほんブログ村