読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

危なく大怪我

夜、酒を飲み気持ちよく、ネットで動画を見ていたら

バキッという音とともに

後ろへ倒れる

瞬間、両肘をつき頭を腹の方向へ

肘は、硬いタイルにあたり、腫れる

しかし、頭はなんとか当たらず無事。

 

何が起こったのか?

椅子を見ると、足2本が折れている

買って約6年、どこのメーカーかも分からず

日本製ならこんなことは無いでしょう。

 

以前、タイニュースで家の中で西洋人が死亡していて

争った跡が無く、よーく調べたら
椅子が壊れ、床に頭を打ってその後死亡
それが原因ではないか? と言っていました。
西洋人は大柄ですから、私は60キロほど。

しかし、怖いですね~ 床が畳ならまだしも
硬いタイル張りですから。

 

f:id:dokyumnt:20160616182627j:plain

バンコクの大型売春施設、店主らに逮捕状

2016年6月15日(水) 12時03分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内ラチャダピセーク通りの大規模売春施設「ナタリー・エンターテインメント」の店主プラスート容疑者(58)と店長のソムマーイ容疑者(45)に対し、14日、未成年者や不法就労者に売春させるなど14の容疑で逮捕状が出た。

 警察が2人の行方を追っている。

 タイ当局は7日、内務省地方行政局の職員、兵士ら100人以上を動員し、「ナタリー」の手入れを行い、店内にいた女性121人を売春容疑で検挙した。このうち77人はミャンマーのタイ族系少数民族を中心とする外国人だった。

 手入れでは、警察の部署や警官の名前、金額などを記した帳簿もみつかり、店が違法行為の摘発を逃れるため、警察などに贈賄していた疑いが強まっている。この手入れは所轄の警察署を外した形で行われた。

 ラチャダピセーク通り一帯には「ナタリー」以外にも、ビル1軒が丸ごと売春施設という店が数多くある。こうした大規模な売春産業は様々な利権が絡んでいるとされ、当局の手入れが他の店にも波及するかどうか注目を集めている。


 

 

 「小学校への送り迎えに必ず親が来る。誘拐が多いからでしょう。」

 

児童誘拐し物乞い強要、タイ人男逮捕

2016年6月16日(木) 16時10分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は15日、誘拐、児童に対する性的暴行などの容疑で行方を追っていたタイ人男(37)をバンコクのサトン地区で逮捕したと発表した。

 警察によると、男は獅子舞一座の団員で、2006年から、7―9歳の児童を誘拐して、物乞いをさせたり、暴行、性的暴行を加えるなどした。犯行はわかっているだけで5件に上る。

 今月3日、バンコク都内で男児(7)が男に連れ去られ、2日後、自力で脱出して自宅に戻る事件があり、警察が男児の証言や防犯カメラの映像から男の足取りを捜査、14日に逮捕した。
 
 
 
 
日本政府、タイ北部の行政体に消防車贈与
2016年6月15日(水) 01時33分(タイ時間)
【タイ】日本政府はタイ北部チェンマイ県プラーオ郡ローンコート地区の地区行政機構に消防車1台を無償供与し、14日、現地で引渡式が行われた。支援額は280万バーツ(約952万円)。