読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

悪用される(短期滞在のビザが免除)

セブンイレブンで、酒を2本購入、レジの前のバーコードがうまくいかないのか

手に持つタイプで読み取る。

合計=261バーツ  は~

1本87バーツで2本なら174バーツ

即座に違うと言うと、 若い女は笑いながら

又、やり直し  今度は174バーツ。

こんなことが、しょっちゅう行われているタイのコンビニ。

又、表示してある商品値とレジの値段が違う(高い)ことはしょっちゅう。 

知能が低いタイ人。特に女はだめですね。

と思いきや、一枚のDVDを買う時、タイ語が多い中、英語もある?

と男の店員に聞くと、イエスというから、買って数日後に見ると

タイ語だけ、他のDVDは、英語に変えられるがこれはいくらやっても出来ない。

文句を言いに行きのもめんどくさいし(70バーツでレシートなど無いので)、

これからはその場で見せてもらい買うことに。 

いくつかあるDVD店は、大きなテレビ画面を通路側に置き最新のものを上映しています。 

 

 

不法残留のタイ人女性を風俗店にあっせんして売春させたなどとして、警視庁保安課は8日までに、入管難民法違反と売春防止法違反などの疑いでタイ国籍の無職オヌマ・ピッチャパー容疑者(35)=東京都台東区=と風俗店の実質経営者で中国籍の于曉梅容疑者(43)=埼玉県川口市=ら計26人を逮捕した。

 保安課は、オヌマ容疑者が昨年12月以降、十数人のタイ人女性を都内の複数の風俗店に仲介していたとみているが、同容疑者は「全く知らない」と容疑を否認している。

タイからの観光客は2013年から短期滞在のビザが免除されており、保安課はオヌマ容疑者らが制度を悪用したとみている。

 逮捕容疑は2~3月、不法残留していた20代のタイ人女性を豊島区の于容疑者の店に仲介し、売春させるなどした疑い。オヌマ容疑者らは「無料で日本観光ができる」などとタイで女性を勧誘。渡航費分などの借用書を書かせて「返済するまで帰国できない」と売春を強要していたという。

 

 

 

 今日のタイねた    2963号    7月6日

ルーイ県の旅行会社が、韓国へ旅行した89人から集めた
一人当たり5千バーツの保証金合計44万5千バーツを返金
しないと問題になっています。

韓国に不法滞在するタイ人が多く、入国拒否されるケースも
多いですが、旅行会社からは「韓国政府に保証金を要求されて
おり、ちゃんと出国すれば返金される」と説明されていたもの。
代金3万バーツだった韓国旅行自体は、3月に問題なく催行
されています。

タイ人向けの韓国ツアーでは、同じような手口の詐欺あるいは
詐欺未遂が結構あるようです。

 

 

 

バンコクの公衆トイレで起きた女子大生強姦事件容疑者を逮捕

08/07/2016

首都圏警察によれば、6月にバンコク都バンナー区の公衆トイレ内で起きた強姦事件の容疑者として7月7日に東北部ブリラム県出身の男(31)を逮捕した。取り調べに対し容疑者は犯行を認めたという。

被害者の女子大生(20)によれば、授業が終わったあと、バンナー交差点近くの公衆トイレを使用してから帰宅するためバスを待っていたところ、近寄ってきた容疑者に首を絞められてトイレ内に連れ込まれて乱暴され、金の指輪を盗まれたという。

防犯カメラに容疑者の映像が残れていたことから警察が逮捕状をとって行方を追っていた。

事件の起きたトイレは現在使用禁止となっているが、近く取り壊される予定。