読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

この国はどいう国?

16、17、18,19歳のバージンは居ないと

誰もが言う。この国はどうなっている?。

 

人口の増えないタイ。

堕胎をしているからでしょう。

社会人から学生(社会人と学生・学生同士)まで同じアパートで同棲が殆ど。

 

タイ人ナオンとは、付き合うや・友達も居ませんが、

水商売の可愛いナオンに子供を作ろう

と冗談で言うと、薬指に指輪をはめる仕草

まず結婚してからという事でしょう。

タイ人とは、避妊なしでバコバコ。 おかしな国ですわ。

外国人とは、お金がすべて。

 

 

ベトナムは、戦争で人口減、タイとそれほど変わらなかったのが、

いつのまにかタイとは大きな差。

 

日本外務省ページ ベトナム人口

約9,340万人(2015年時点、国連人口基金推計)

 

日本外務省ページ

6,593万人(2010年)(タイ国勢調査)

 

ある調査での数値

総人口  タイ
  • 6640万2000人(2010)
  • 6785万7000人(2020) 145万5000人増

 

総人口 ベトナム 
  • 8904万7000人(2010)
  • 9705万7000人(2020) 801万人増

 

 

医師がSNS通じ中絶薬を密売か、月に3000人が購入

17/07/2016

法務省特別捜査局(DSI)は7月15日、バンコクの西隣ナコンパトム県を拠点にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じて中絶薬を違法販売し、過去数年間で6億バーツあまりの利益を得ていたみられるグループの主犯格である医師の行方を追っていることを明らかにした。医師の氏名は公表されていないが、DSIは今、逮捕状請求の手続きをとっているという。

DSIの担当者は、同医師が密売している中絶薬について「1カ月に2000-3000人が購入している。非常に深刻な問題」と述べている。

 

 

 

バンコクで犯罪一斉摘発、薬物関連容疑者約300人を逮捕

17/07/2016

首都圏警察は7月15日、バンコクで同日まで5日間にわたって実施した犯罪一斉摘発の成果を発表した。

容疑者を同席させ、押収品を展示して行われた記者発表で、首都圏警察のサニット長官代行は、一斉摘発で薬物関連の容疑者約300人を捕らえるとともに、覚せい剤の粉末4・5キロと約4万1000錠、大麻15・7キロ、ピストル14丁あまりを押収したと説明した。

タイのビジネスニュース、バンコク週報

 

 

 

バンコクで無料WIFIと電源を完備した次世代バスの運行開始

2016年7月13日からタイのトランスポート社が無料WiFi機能などを装備した次世代バスの運行を開始しました。 無料WIFIと電源が完備された次世代バス今回導入された新型車両は無料WIFI機能(AISユーザーのみ)のほか、充電用のUSBコンセント、液晶モニター、マッサージチェアなども設置。