読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

ATMカードが出てこない

昨日の午後8時ごろ

お金をATMでおろし

残高の紙も出て来て

カードは、

何も出てこない

近くにいたバイクタクシーにカードが出てこない

というと、

何かのボタンを押す

出てこない。 明日と言って去った。

銀行は、この時間誰も居ず。

日本で数えきれないぐらいATMを使いましたが、考えられない事。

 

今日朝、早速行きました。

10時開店、10時10分に入ると

すでに10人ぐらい。

デスクでタイ人客と商談していた店員に

カードが出てこないと言う

店員は、今起きた事と思っているらしい?

2番のボタンを押してと

待つこと15分

パスポートを見せてくれ

は~  昨日の夜と言って時間の書いてある残高レシートを見せると

ちょっと驚いたのか?

直ぐに誰かに機械を開けさせ調べろよ と言ううが、

パスポートがないと出来ないと、

ちょっと経って、この店員が外のATMの方へ

また、10分ほど待たされ、

ミスターと呼ぶ

行くと、ここにサインして

2枚の紙にサイン、カードを渡される、ここまで25分もかかり。

私は、チェクすると言ってATMへ

残高を調べ異常なし、カードも出て来た。

タイでは、よくあるんでしょうなー。  数年前は、他銀行のカードが使用不能に。

 

日本でこんなことが起きれば、直ぐに店員が機械を開け

対応するでしょう。 その後本人確認。

ストレスの溜まるタイ生活。

 

 

タイは、夜、無灯火のバイクに車の多さ。

車のライト、夜間の自動点灯を義務化へ 20年4月から

朝日新聞デジタル 9月22日(木)19時25分配信

国土交通省は、暗くなると車のヘッドライトが自動で点灯する「オートライト」の搭載を、2020年4月以降に売り出される新型車からメーカーに義務づけることを決めた。日没前後の「薄暮」の時間帯に多発する高齢の歩行者らの事故を減らす狙い。10月に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だ。

 オートライトは、車に搭載されたセンサーが明るさを感知し、自動で点灯、消灯をするもの。日本自動車連盟(JAF)の調査によると、国内ではすでに約3割(14年8月時点)の車にオートライトが搭載されている。ただこれらはドライバーが手動で点灯・消灯を選択もできる。新基準では、昼間や停車中は手動で点灯・消灯できるが、夜間走行中は強制的に自動点灯され、自分で消すことはできなくなる。これにより、暗くて視界が悪くなっているのに、ドライバーが「まだよく見える」と思い込み、点灯が遅れて事故につながるのを防ぐ狙いがある。

 国交省は、晴天の日の日没15分ほど前の明るさにあたる1千ルクス未満になると、2秒以内に点灯するように義務づける方針。国際的にも安全運転に十分な明るさとされる7千ルクスを超えたら、5分以内に消灯する。1千~7千ルクスで点灯するかどうかはメーカー各社の判断に任せるという。詳細は10月に改正する車の保安基準で規定する方針だ。

 20年4月より前に発売された型式の車には適用されない。

 

 

今日のタイねた    3014号    9月28日

バンコク・プーケット線、プーケット・チェンラーイ線に
続いて、タイ・ベトジェットエアがバンコク・チェンマイ線に
就航しています。尚、同エアはLCCですが、バンコクでの発着
はスワンナプーム空港となります。

 

 

昨日、スワンナプーム空港で偽造クレジットカード計568枚
を持ち込もうとしたニジェール人の男3人が逮捕されています。

3人は2つの便で中国・広州から到着し、税関の申告なしの
グリーンレーンを通った際、X線検査装置で発見されたもの。
たまに通せと言われることがありますが、あれも一応機能する
のですね。

男らは多くの親戚の為にタイへ買い物に来たと主張している
ようですが・・・クレジットカードのICチップは他人のデータ
ですし、そんな言い訳が通用するわけがありません。

 

 

 

バンコクの鉄道計画に円借款1669億円

2016年10月2日(日) 22時55分(タイ時間)
【タイ】日本政府はバンコク首都圏の都市鉄道新路線レッドライン(第3期)の建設事業に総額1668億6000万円の円借款を供与する。9月30日、バンコクでタイのアピサック財務相と佐渡島志郎駐タイ大使が書簡を交換した。

 金利は年0・3%、償還期間は据置期間5年を含め15年。

 円借款の対象となるのは、レッドラインのうち、バンコク都バンスーと北隣のパトゥムタニ県ランシットを結ぶ区間で、全長26キロ、8駅。並行する既存のタイ国鉄の線路の高架化も一体として実施する。2020年完成の予定。

 レッドラインのバンスー―ランシット間は今年3月、住友商事、三菱重工業、日立製作所が鉄道システム一式の設計建設(土建を除く)を約1120億円(約324億バーツ)でタイ国鉄から受注した。