読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

郵便が来ない

 

今年の4月、年金証書を送ったという返事

しかし、一ヶ月 二ヶ月 三ヶ月待てど暮らせど、

諦めました。

 

その後、引っ越しをし、新しい住所の手紙を送り

ここにも、何通かの郵便が届かず。

 

今月の初めに速達で送った郵便

日本の役所へ問い合わせると、

届いたその日に、送りましたとの返事、

しかし、2週間以上過ぎてもなんにも

アパートの管理人に毎日、聞く。

 

遅い、航空券予約に間に合わない。

予定通り届いていれば、交通の便利な都市へ帰国できたんですが、

届かない為に不便な本籍地への航空券を予約入金。

本籍地の役所でしかもらえない書類。

 

今日、その郵便が。

長年住んでいた都会、7年数ヶ月振り帰国、

色々行きたい場所があったんですが。

 

 フィリピンもまともに郵便が届かないと言いますから。

f:id:dokyumnt:20161231163947j:plain

f:id:dokyumnt:20161231143855j:plain 

 

前タイ国王の火葬用建物、年明けに建設開始
2016年12月27日(火) 00時54分(タイ時間)
【タイ】バンコクの王宮前広場に建設されるプミポン前国王の火葬式用の建物の敷地の境界を定める儀式が26日、行われ、タイ軍事政権のタナサック副首相(元国軍最高司令官)らが地面の定められた場所に木の杭を打ち込んだ。建物の建設は年明けに開始される予定。

  プミポン前国王は10月13日、入院先のバンコクのシリラート病院で死去した。在位70年、88歳だった。遺体はバンコクの王宮に安置され、死後1年をめどに火葬式が行われるとみられる。

前タイ国王の火葬用建物、年明けに建設開始 | newsclip (ニュース、社会のニュース)