読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国の風に癒されて

寒いのが苦手で常夏の国に50代前半で移住した独身 オヤジの日記

暑さが戻る

2月21日から暑さが戻り

風も山側(西)から海側(南)に変わりました。

プールの水温も26度へ。

 

管理人が”塩素”?でしょうか?

マスクをして白い粉をプールへ入れ。

タイ人や西洋人は、シャワーを浴びずに

いきなりプールへ入る。 汚いですね~。

 

f:id:dokyumnt:20170301205904j:plain

f:id:dokyumnt:20170301205927j:plain

f:id:dokyumnt:20170301205948j:plain

 

日本人女性ら4人けが、アユタヤのゾウ園でオスゾウ暴れる

2017年3月1日(水) 01時14分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、28日午前11時ごろ、タイ中部アユタヤ県のゾウ園で、ドラエモンという名のオスのゾウが暴れ出し、このゾウに乗っていた日本人女性2人とゾウ使いのタイ人男性が転落してけがをしたほか、近くにいた日本人男性もけがをした。

 ゾウ使いのタイ人男性は足の骨が折れ重傷。

 ドラエモンは発情期に入っていた。メスのゾウに接近して暴れ出し、3人を振り落とした。
 
 
 
 
生きたフクロウ、タカなど持ち出し図る バンコクの空港で日本人男逮捕
2017年3月1日(水) 01時14分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、27日夜、バンコクのドンムアン空港で、生きたフクロウ5羽、タカ3羽、カワウソの子ども12匹をスーツケースに入れてタイから出国しようとした日本人の男(57)が野生動物保護法違反などの容疑で逮捕された。

 男は翌28日、ドンムアン警察署で、日本大使館の職員と面会し、動物はバンコクのジャトゥジャク市場で計1万5000バーツで購入したもので、日本に持ち帰り、自宅でペットとして飼うつもりだったなどと話したという。
 
 
 
 
(今の南部都市はもちろん、バンコクのジャスコ(当時)も一切日本語は通じませんでした)
 
タイ北部で学生日本語スピーチコンテスト、女性が上位独占
2017年2月27日(月) 12時48分(タイ時間)
 
【タイ】在チェンマイ日本総領事館は25日、タイ国元日本留学生協会北部支部との共催で、第12回北部タイ大学生日本語スピーチコンテストを北部チェンマイ市のチェンマイ大学で開催した。

 タイ北部の大学に所属する学生のうち、原稿審査を通過した20人が出場し、スピーチを行った。制限時間は5分、テーマは自由で、参加者は日本語学習にかける思い、親や友人に対する思い、タイの将来に対する思いなどを伝えた。

 優勝したのはパヤオ大学の女子学生、サシナッチャー・チャムルーンさん。「ボクを飼ってよ」というタイトルの下、野良犬問題に注目し、対策を訴えた。サシナッチャーさんには、日本から来訪した早下隆士上智大学学長から、同大学への1年間留学(授業料免除、往復航空券・生活支援金支給)が贈られた。

 サシナッチャーさん以下、上位は女性が独占した。

 コンテストには、日本航空バンコク支店、バンコクエアウェイズ、バンコク日本人商工会議所、北部日系企業協議会、タイ日教育開発財団、ピュアハート財団、CLL(チェンマイ・ロングステイ・ライフ)クラブが協賛した。